主体的に生きる

文系出身SEが29歳から人生について本気で考える。

書評

おすすめの登山漫画

どうも、登山好きアラサーのhillocです。今日はおすすめの登山マンガを紹介します。 1. 岳(ガク) 岳(1) (ビッグコミックス) 作者: 石塚真一 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2013/01/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る まずは岳、山小屋…

うつで休職 〜休職中に読んだ本2〜

hilloc.hatenablog.com こんにちは。11月半ばから休職しています。年明けくらいから徐々に元気になって、現在復職に向けて動いています。元気になってきて、時間を見つけては本を読んでいるのでメモしておきます。無意識だけど、最近は前向きになれるような…

『騎士団長殺し』の文庫版が出ていた

ふらっと本屋に行ったら村上春樹の長編小説『騎士団長殺し』の文庫本が発売されていました。 どうも第1部、顕(あらわ)れるイデア編は2月末に出たばかりで、第2部、遷(うつ)ろうメタファー編は3月末に発売されるようです。 『騎士団長殺し』が発売されたのは2…

うつで休職 〜休職中に読んだ本〜

休職となり、久しぶりにゆっくり本が読める時間が確保できたので、いろいろと読んでいます。 感想とかをアウトプットしておかないと、すぐに内容を忘れてしまうので、備忘録的に書き残しておきます。

【書評】旅のラゴス

筒井康隆、『時をかける少女』で有名なSF作家ですが、知人に勧めてもらった小説、『旅のラゴス』について書きます。 筒井作品はこれ以外読んだことはないのですが、数年前に知人に勧められて読んでみたらとても面白くて、お気に入りの一冊になりました。 最…

自分は内向型人間である

内向型と外向型 「内向型」「外向型」この言葉を知ったのはわりと最近です。 そして自分は完全に内向型の人間だとわかりました。 もっと早くから自分が内向型であると知っていたら、人付き合いや仕事に活かすことができたかもしれないのに。 おおざっぱに言…

IT業界続ける?転職するときに読んだ本5冊

今年転職しました。IT業界を続けるか悩んだ末、同じIT業界内での転職となりました。今回は僕が実際に転職活動期間中に読んだ本を5冊紹介します。今の仕事が楽しくない、将来が不安、転職してみたいと思っているあなたの参考になれば幸いです。 1. 会社は2年…

羊をめぐる冒険

村上春樹の『羊をめぐる冒険』を久しぶりに読みました。『騎士団長殺し』を読んで、昔の作品が読みたくなり、初期三部作を流し読みしました。 おそらく10年ぶりくらいに読んだのかな。流し読みで読んだので、最後の方は一部ストーリーがあまり入ってこなかっ…

【書評】より少ない生き方

発売当初から気になっていてちょっと前にKindleで読んだこちらの本を紹介します。 より少ない生き方 ものを手放して豊かになる 作者: ジョシュア・ベッカー,桜田直美 出版社/メーカー: かんき出版 発売日: 2016/12/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) この…

『騎士団長殺し』第二部を読み終えて(ネタバレなし)

第一部を読み終えてから1ヶ月。ようやく第二部を読み終えました。 「村上春樹好きとしての使命感にかられてなんとか最後まで読んだ」という感じ。もしこれが村上春樹じゃなかったら、最後まで読んでいなかったかも。 第一部では今までの彼の作品と似ていると…

【書評】南谷真鈴さんの本は登山の本ではなく「生き方」の本だった

2017年4月、日本の大学生、南谷真鈴(みなみや まりん)さんが北極点に到達し、探検家グランドスラムを達成しました!おめでとうございます! 今日はそんな南谷さんの本『自分を超え続ける』についての記事です。 自分を超え続ける―――熱意と行動力があれば、…

【書評】意識高い系とリア充

書評です。書評というほどのものでもないけど、読んだ本の感想。 「意識高い系」の研究 (文春新書) 作者: 古谷経衡 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/02/24 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る 意識高い系(笑)。 ここ数年言われ…

『騎士団長殺し』第一部を読み終えて(ネタバレなし)

僕は村上春樹が好きです。2017年2月24日に発売された最新作『騎士団長殺し』ももちろん発売日に買いました。ですが簿記試験の直前であったり、他にやるべきことがあってなかなか読むことができませんでした。ようやくGWになり、まとまった時間ができたので、…

SEを目指す就活生/新人SEにおすすめの本

SEを目指す就活生、新人SEに中堅SEからおすすめの本を紹介します。